不動産屋の活用術

不動産屋の活用術

私達が不動産屋のお世話になる機会というのは

私達が不動産屋のお世話になる機会というのは、多くは大学進学に際して一人住まいの物件を借りたり、あるいは社会人となり、就職先に近い物件を借りたりする場合が想定される。
現代においては、圧倒的にネットに掲載される物件を簡単に検索して選べる時代といえるであろう。ちなみに私達の世代では、紙媒体での賃貸住宅情報誌が全盛であり、皆これを参考にして物件選びをしていたので、その点では今も昔も変わりは無いと言えるであろう。

だがしかし、ネット検索や情報誌では優良物件が満載であろうか、答えは否であると言えるであろう。なぜなら、引く手あまたで先着順の早いもの勝ち物件をわざわざ広告するのかどうかを考えてもらえればわかるはずであるが、優良物件こそは、不動産屋さんにあるのである。つまり、お店に出向いて初めてそういう物件に出会える確率が上がるのだ。なぜなら不動産屋こそが、オーナーたる貸主への信頼に応える責任を負っているからなのである。
昔も今も、「フェイス トウ フェイス」と呼ばれる、顔と顔を突き合わせて、熱意を相手に与えられなければ、信用は得られないのである。

私が普段、引っ越しのために物件を探す時には

私が普段、引っ越しのために物件を探す時には、最初にインターネットを使って大まかな情報を把握しようとします。現在は大手の不動産会社であれば、Webサイトで物件を検索できるようになっており、場所や広さ、間取り、築年数、価格等の情報が簡単に手に入ります。その中で興味を持った物件があれば、実際に下見に出かけて行ったり、不動産会社に電話をかけて詳細を確認したりします。

しかし、実際に自分の足でその地域の不動産屋に出向き、物件を紹介してもらうことにも価値があると思っています。なぜなら、インターネットでは手に入らない細かい情報や、隠れ物件を見つけられることもあるからです。
例えば、実際に不動産屋に行けば、「その地域に住む人々はどのような人が多いか」「スーパー・コンビニなどのお店の近さ」「駐車場を借りる場合の場所、携帯電話やインターネットの電波状況」など、インターネットで調べただけではわからないことを細かく確認することができます。
もし、それでも良い物件がなければ、諦めてまた別の不動産屋に飛び込みで探しに行けばよいのです。
インターネットで先に調べ、次に不動産屋で物件を紹介してもらい、詳細を確認する。これが私の不動産屋の活用術です。
Copyright (C)2015不動産屋の活用術.All rights reserved.